ピックアップの種類



シングルコイル・ピックアップ


最も基本的なピックアップで、一列のポールピースにコイルを巻いてあり、 弦振動を一個所で拾います。
フェンダー社のストラトキャスターに標準装備されています。
シングルコイルのピックアップは、歯切れ良くきらびやか/クリアなサウンドが特徴で、 特に高音域の繊細なニュアンスの表現に優れたピックアップですが、ノイズを拾いやすいという欠点
コイルの巻き数を増やして出力を増大させたものや、ノイズ対策のため、ハムバッカーのように2つのコイルを縦に重ねたものなど、 さまざまなタイプが販売されています

ハムバッカーピックアップ


2個のコイルを逆相接続し、 ノイズをキャンセルする方式のハムバッキングタイプのピックアップ
通称"ハム"と呼ばれたりします
艶やかでパワー感のあるサウンドが持ち味で、ギブソン社のギターのほとんどに使用されており、
シングルコイルと比較してノイズに強いという特徴を持っています
甘く太いサウンドが特徴で、ディストーション・サウンドとの相性も良好。メタル系の低音の効いた、太い歪みを出すことができます。
2つのコイルは直列に接続されているため、高域特性はシングルPUより劣りますが、 中低域を強調したFATなサウンドが得られることで人気のピックアップ
ジャズマスターのピックアップ
サイズ的にはハムバッカーのようですが、中身はシングル・コイル・タイプのピックアップ
音色は通常のシングルコイル・ピックアップより太く、シングル・コイルとハムの中間のような音が特徴
シングルコイルのピックアップでもパワーが出るように設計されており、 シングルの繊細さとハムのパワー感を同時に手に入れることができる
ピックアップの位置 フロントピックアップ(リズムピックアップ)
ネック側に近づくほど太く甘い音

センターピックアップ(ミドルピックアップ)
中間的な音

リアピックアップ(リードピックアップ)
ブリッジ側に近づくほど硬く鋭い音


© shirokuroneko 2001 - 2017