Gibson SG



ギブソン・SG ギブソン・SGは、1961年に初めて発表されたエレキギターでレスポールの後継機種
製造コストが高いレスポールは50年代後半になると販売台数も落ち込んできました。
さらに、フェンダー社からテレキャスターが発売され、フェンダー社がギブソン社から流れをもっていった感があった時期で、
この時期ギブソン社が発売するギターが時代遅れと評価されていた

ギブソンはレスポールが抱えるそれらの問題を解決するため、レスポールにモデルチェンジを施します。それがこのSG
当時はレスポールの後継モデルでしたので「レスポール」と名乗っていたが、 ギタリストのレス・ポール氏との契約が切れたため、現在の「SG」という名称になりました。
それ以前のシングル・カッタウェイのレスポールと区別する為、この頃のモデルは便宜的に「レスポールSG」と呼ばれることも

当初よりカスタム/スタンダード/スペシャル/ジュニアというレスポールと同様のラインナップが用意されましたが、 カスタムのボディーカラーはそれまでのブラック・ビューティーからホワイトに変更
スタンダードもサンバーストからチェリーレッドの単色に変更された

音の特徴

パワフルな音圧を得られるレスポールに比べ音は軽いのですが中音域に粘りがあり「ジャキッ」としたサウンド
ロック向けなエレキギターだと言えます。クリーン・トーンもハム・バッキングのピックアップにしてはクリアでキレイなサウンドが得られます
(特にフロント・ピックアップを使用した場合)
パワーがありながらも繊細な表現にも対応でき、ハードロックよりはクラシックなロックに向いているギターかも!?

主な使用ギタリスト


アンガス・ヤング(Angus Young)
ブレザー、半ズボン、ハイソックスにランドセルを背負ったスクールボーイスタイルがトレードマーク(姉のアドバイスらしい)
ステージではボーカルより常に目立つ存在で両足をガクガク震わせるようにしてリズムを取りつつ、天然パーマの頭を振り回すのはあまりにも有名
その一方で技術的にも優れたギタリストです。「AC/DC」では非常にノリのいいシンプルなハードロックサウンドを聞かせてくれる

© shirokuroneko 2001 - 2017