ストラトキャスター Stratocaster



ストラトキャスター Stratocaster オリジナルはフェンダー社から1954年に発売
ソリッドボディ(※1)にピックアップはシングルコイルが3つ付いていて、
シンクロナイズド・トレモロが付いているのが大きな特徴
スイッチを切り替える事によりストラトキャスター独特のハーフトーンと呼ばれる音色が生まれ、
その乾いた音色を好むギタリストは多く、幅広いジャンルで使われている代表的なエレキギターのタイプの1つ
※1 ソリッドボディとは厚みのある単板で形成されたボディ構造

音の特徴

3つのPUの組み合わせによりサウンドバリエーションが可能
ピックアップは通常、シングルコイルを3つ(フロント=ネック側、ミドル=中央、リア=ブリッジ側)搭載していて、 スイッチで切り替えることが出来、またスイッチを切り替えて2つをミックスさせて鳴らすことも可能
ピックアップの組み合わせだけで5通りのサウンドを奏でることも魅力のひとつ
工場出荷時の配線状態では、ツマミは三つ、ピックアップに近い方からマスター・ヴォリューム、フロント・トーン、ミドル・トーンとなっていて、 従来はリア・ピックアップにはトーン・コントロールがありませんでした
近年のモデルではミドル・トーンが、リア・ピックアップのトーンコントロールを兼ねている製品(アメリカンシリーズ等)も存在

ストラトキャスターの特徴のひとつがシンクロナイズド・トレモロユニット(※2)のブリッジ部分
ブリッジにはスプリングがついており、弦の張力と拮抗してブリッジの位置を維持するように設計
有名なトレモロ・アームと呼ばれる棒がセットでき、これを操作してビブラート効果を得ることが出来る
ばねを多く使用することでチューニングは狂いにくくなりますが、その分アーミングが固くなり困難に
三つあるピックアップは、ブリッジ(リア)側は高音強調、ネック(フロント)側は逆に低音の効いた甘い音、
ミドル(センター)側はその中間といったようにどれも特徴のある音で、豊富なバリエーションを誇ります。
ピックアップ・セレクタースイッチをブリッジ・ミドルあるいはミドル・ネックの中間で止めて音をミックスさせる、
いわゆる"ハーフトーン"も特徴的。ピックアップの抵抗値の変化により、ガラスの弾けるような繊細なトーンになります
※2 シンクロナイズド・トレモロ・ユニット
主にストラトキャスターに取り付けられているビブラート・ユニット

主な使用ギタリスト


ジミ・ヘンドリックス
アメリカの黒人ロックギタリスト、シンガー、ソングライター。日本では「ジミヘン」というニックネームで呼ばれ、 死後40年近く経った現在でも、「天才ギタリスト」として多くのミュージシャンに多大な影響を与え続けている、 現代的ロックギターのパイオニアの一人。
白黒猫も好きなギターリストです

エリック・クラプトン
ストラトキャスターの演奏はジミ・ヘンドリックスとはかなり対照的であまり音を歪ませず、 シングルコイル・ピックアップ本来の音色を生かした彼の演奏は、ストラトキャスターの新たな魅力を引き出した。
ハーフトーンを一般化させたはず

© shirokuroneko 2001 - 2017