テレキャスター Telecaster



テレキャスター Telecaster テレキャスターは半世紀以上も前の1950年に「世界初のソリッド・エレキギター」としてフェンダー社から発売
当時はブロードキャスターという名でしたが、グレッチのドラムセッと同じ名前だったため、 ("BROADCASTER"というロゴを切り取って販売したことから、のちにノーキャスターと呼ばれるようになりました。) 1951年から現在のテレキャスターという名前に変更に
テレキャスターはボディに空洞部分がなく、さらにネックとボディを別々の工程で製作し最終的に両者を4本のボルトでつなぐ、という構造・製法
それまで主流だったフルアコースティックタイプのギターでは、ボディが空洞でしかもネックとボディをニカワなどで接着していたため、 非常に正確で緻密な作業が必要とされましたが、フェンダーは工程を単純化する大胆な手法を採用
またヴィンテージ・シリーズやカスタムショップのタイムマシンシリーズなどで過去のモデルの再生産を行う一方、 アメリカンテレキャスターなどでは6分割のサドルや新開発のピックアップを搭載するなど、使い勝手と汎用性を備えたラインナップを展開しています。

音の特徴

フェンダーのギターの特徴であるシングルコイルを活かした、澄んだ高音域が特徴
ギブソンのハムバッカーに比べるとノイズを拾いやすいという欠点はありますが、硬質ではっきりとした音を出すギター
荒削りな感じもありますがフェンダーのジャガーほどではなくもっと決め細やかで、言葉でいうと「ジャリ」っとした感じ
シングルコイルならではの抜けの良い硬質でシャープな音が特徴で特にコードカッティングに向いており、 一般的にストラトよりもよりタイトでクリーンでアタックのある音だと言われています。

主な使用ギタリスト


ジミー・ペイジ
ヤードバーズ在籍時代やレッド・ツェッペリンの初期においては、ジェフ・ベックから譲り受けた1958年製のテレキャスターがトレードマーク
ペイジが使用するレスポールは、ネックを薄く削り落し電気回路の変更等を行い、テレキャスターを意識したサウンドに調整されていると言われています

© shirokuroneko 2001 - 2017