チューニングのあれこれ




チューニングの説明 下記の記述は、
右から6弦 - 5弦 - 4弦 - 3弦 - 2弦 - 1弦 の順で、開放弦の音で表記

レギュラーチューニング

E-A-D-G-B-E

半音下げ
(Half Step Down)

D#-G#-C#-F#-A#-D#

一音下げ
(Whole Step Down,Whole Note Down)

D-G-C-F-A-D

1音半下げ

C#-F#-B-E-G#-C#

2音下げ

C-F-A#-D#-G-C

2音半下げ

B-E-A-D-F#-B

オープンチューニング(Open tuning)

1から6弦全ての開放弦を鳴らした時、特定のコードになるようセッティングしたチューニング

オープンC

C-G-C-G-C-E
6弦を2音下げ、5,4弦を1音下げ、2弦を半音上げる

オープンCm

C-A-C-G-C-E
6弦を2音下げ、4弦を1音下げ、2弦を半音上げる

オープンD

D-A-D-F#-A-D (別名”ベスタポール・チューニング”)

オープンD7

D-A-D-F-C-D6,1弦は1音下げ、3弦は半音下げ、2弦は半音上げる

オープンDm

D-A-D-F-A-D

オープンE

E-B-E-G#-B-E
5,4弦を1音上げ、3弦を半音上げる

オープンEm

E-B-E-G-B-E
5,4弦を1音上げる

オープンF

F-F-C-F-A-C

オープンG

D-G-D-G-B-D
※クラッシックピアノなどをギターに置きかえる時に重宝する
最も有名なチューニングの一つ。6,5,1弦を1音下げる

オープンG6

D-G-D-G-B-E
6,5のみ1音下げる

オープンGm

D-G-D-G-Bb-D

オープンA

E-A-E-A-C#-E
2-4弦を1音上げ
オープンGに2フレットにカポを付けるとオープンA

オープンAm

E-A-E-A-C-D

オープンB

オープンGの4フレットにカポを付けるとオープンB

ドロップチューニング(Drop tuning)

レギュラーチューニングから、一部の弦のみを下げたチューニング

ドロップC

C-G-C-F-A-D

ドロップC#

C#-G#-C#-F#-A#-D#

ドロップD

D-A-D-G-B-E
6弦のみ1音下げ

ドロップG

D-G-D-G-B-E
5,6弦を1音下げ

ドロップA

A-E-A-D-F#-B

ドロップB

B-A-D-G-B-E
6弦のみ2音半下げる

ドロップB&F#

B-F#-D-G-B-E
6弦を2音半下げ,5弦を1音半下げる

ダブル・ドロップD

「ドロップD」からさらに1弦も1音下げて「D音」にするチューニング

その他チューニング

DADEAD

D-A-D-E-A-D
4,5はレギュラー,6,2,1弦は1音下げ,3弦は1音半下げ

DADGAD

D-A-D-G-A-D (別名"ダドガド")
3-5はレギュラー,6,2,1弦は1音下げ

GBDGBD

G-B-D-G-B-D
オープンGチューニングの5,6弦を上げて2オクターブ違いのGBDの音を作る
6弦1音半上げ、5弦1音上げ、1弦1下げ

DGDGAD

D-G-D-G-A-D
3,4弦以外を1音下げ

DGDGCD

D-G-D-G-C-D
1,5,6弦を1音下げ、2弦を半音上げ

DADDAD

D-A-D-D-A-D
1,2,6弦を1音下げ、3弦を2音半音下げ

ナッシュビルチューニング

E-A-D-G-B-E (Eb,D)
3,4,5,6弦に細いゲージの弦(1から4弦用など)を張り1オクターブ高くするチューニング。主にアコースティックで使用。
12弦ギターに似たサウンドを得ることができる。
1弦を半音下げや1音下げにする場合もある

© shirokuroneko 2001 - 2017